コロナ禍のマンスリーマンション

マンスリーマンションの今


2021年8月20日、昨日より緊急事態宣言が発出されました。
今回で京都は、4度目の緊急事態宣言の発出です。
初めて、緊急事態宣言が発出されたときは、
マンスリーマンションに入居を希望される方が
出てくるのだろうか?という不安がありましたが、
その後、2度目、3度目、そして今回の4度目になると
そういった気持ちも薄れてきました。
実際に、先月、先々月は問い合わせもあり、
何かしら、動いている感じがあるからかもしれません。
 

コロナ前との変化


コロナ前と現在で大きく変わるのは、
留学生とスクーリングの需要がなくなったことだと思います。
例年の夏のこの時期は、留学生やスクーリングの方の
利用が増えていました。
しかし、この夏は問い合わせも皆無の状況です。
ワクチン、もしくは治療薬ができるまでは
厳しいと予想しています。
 

次は冬の需要を


冬になると、なぜか問い合わせが増えるときがありました。
なぜかはわかりません。利用目的もバラバラです。
ですので、問い合わせが増える冬に備えて、
様々な準備をマンスリーマンションでしたいと思います。

宜しくお願い致します。
 


お問合せ

京都で長期滞在をお考えでしたら、
京都マンスリーマンションのフクツキをご利用下さい。
福がつくかもしれません。



    関連記事

    1. マンスリーマンションでの水のトラブルが発生した場合

    2. ビジネス利用でマンスリーマンション

    3. ネットニュースは基本的に

    4. 阪神タイガースは優勝するのか!?

    5. フクツキのマンスリーマンションを利用した際は